ギリギリまで寝る

朝はいつも慌ただしい。

ギリギリまで寝ていることが多いので、少しでも寝坊したらアウトだ。

もっと早く起きればいいじゃないか!と言われるが、ギリギリまで寝たいのだ。

同じくギリギリまで寝ている友人がいる。

この前、遅刻しそうになって慌てていたらしい。

そんなときに交通事故に巻き込まれたそうだ。

これで遅刻確定…最初に思ったことはこれだったらしい。

友人は停車していたので相手のほうが悪い。

むち打ちの可能性もあるため病院に行ったようだ。

今後、慰謝料などの話し合いをするときに友人だけでは不安なようだ。

やはり弁護士にお願いして交渉してもらった方が有利だろう。

交通事故のことを考える余裕もないようなので、すべて任せた方が気持ち的にも楽だろう。

いつだれが巻き込まれてもおかしくない交通事故なので、やはりドライブレコーダーは必須だ。

ドライブレコーダーさえあれば相手がなんて言おうと証拠が残る。

やはり証拠は大事だ!

交通事故被害に遭ったら弁護士を立てるべき

本当に探偵?

浮気している友人が、もしかしたら探偵に狙われているかもしれないと言い始めた。

なので浮気相手と会うことも自粛しているらしい。

ずっと後をつけている人がいたので、わざと回り道したらしい。

そしたらその人もついてきたとか。

しかし探偵はプロ。

素人に尾行を見破られるだろうか。

奥さんに問いただそうか迷っているらしい。

浮気している身分で、奥さんが探偵を雇っていたことに激怒していた。

おいおい、それは違うだろう。

浮気しているお前が悪い。罪を認めてさっさと浮気相手と別れればいいのに。

そう思ったが、そんなこと言えるはずもなく…。

もしまた尾行されているようだったら奥さんに問いただしてみるらしい。

ちなみに今日までの奥さんの様子は普通だったとか。

もしかしたら被害妄想かもしれない。

奥さんに悲しい思いをさせてまでなぜ不倫するのか。

友人は刺激を求めているようだが、それによって悲しむ人がいることをもっと考えてほしい。

プロ探偵の聞き込み調査

借金のせいで性格がやばい?

借金があると性格までひん曲がってしまうのか。

もともとネガティブ志向だった友人がさらにネガティブになった。

というか被害妄想がひどくなったのだ。

友人は借金があるため、なかなか洋服を購入できない。

なので貰い物ばかりだ。

もちろん中にはサイズ感のあっていない服もある。

それを着ているときに、通りすがりの人が自分のことを見て笑っているというのだ。

確かに見ていることもあるかもしれないが、笑っていることはないだろう。

他にもいろいろとエピソードはある。

借金取りが家に来るのではないかと常に怯えていて、家の前にスーツ姿の人がいたら借金取りと思って逃げるそうだ。

しかし実際には借金取りではないらしい。

それだけではない。

幸せな人を見ると「不幸になれ」と呪いをかけるそうだ。

しかも他人だけではない。

友人や親せきにまでそういった感情があるのだ。

実際に私のことも不幸になれと思っているのかもしれない。

あまり深入りしないほうがよさそうだ。

闇金の取り立てをやめさせ、債務を帳消しにする方法

事件発生!!

このブログは日本で暮らしていて日々発生する些細な事件をいちいち捜査し、記録していくファイルである。

実用性は多分ない。

だが、書き手の心の満足には大いに寄与することだろう。

「入電、入電!」

おや、早速事件が発生したようだ。

現場に急行する。また後ほど。