カワハギの思い出

私はかわはぎという魚はどうしても好きになれない。
というのもカワハギの顔がどうしても苦手だからだ。

学生時代にとてもカワハギによく似た先生がいたのだ。
この先生は本当に嫌な人で、いやみったらしく、裏表しかない人だった。
裏の顔と表の顔がこうも違うというのは、むしろ潔いのではないかと思うくらいだった。

ここまで裏表があると、だんだん裏の顔なのか表の顔なのか考えるのも馬鹿らしくなって、むしろ表の顔も裏の顔もなくて本当の表の顔は誰にも見せていないのではないかと思うようになった。

結局その先生の本性はわからなかったのだが、今になっておもえば先生の本性は裏表があるところだったのかもしれない。
今となってはどうでも良いが。

そんなこともあって、結局カワハギが大嫌いだし、カワハギをさばく時に皮を剥ぐ瞬間にその先生の裏の部分を知ってしまうような、なんともいえない気持ち悪い感覚になる。
今頃どうしているのか気にならないが、カワハギを見るたびに思い出させるというのは迷惑このうえない。

母から届いたもの

そういえば、先日母からの封筒が届いた。

5日ほど前に「面白いもの送ったわよ」と母からLINEがあった。

LINEが来た後も、中身が気になって何が入っているのかと連絡をしたが「内緒」「面白いもの」とそればかりだった。

結局なにが入っているのかは教えてもらえていなかっただけに、なにが届くのか年甲斐もなくワクワクしていた。

そしていよいよ、封筒が届いたのだ。

急いで荷物を開けたが、そこにはさらに小さな小さな封筒が。

あまりにも拍子抜けしたが、逆にワクワクもしてきた。

封筒を開けると、そこには小さな動物の爪のようなものが入っていた。

ワクワクは恐怖に変わり、添えられていた手紙を読む。

それは2ヶ月前に飼い始めた子犬の爪だった。

はじめて、母が爪を切ったがじっとおりこうにしていたよ、という報告だった。

正直、LINEで怒りのスタンプを連打したいところだったが、あの子犬の爪か…と思うと、怒りが少しずつ鎮まっていった。

今度はネコポスで面白いもの送ると言い出した母。

何が届くのやら…。

凶暴じゃないサメもいる

日本人はもちろん世界的にみても、サメというもののイメージは決して良くはない。

サメといえば、人食いザメで人間を食べてしまうというイメージを持っている人も少なくないからだ。

事実私も今でも海水浴に行く時には、おそらくいないであろうはずのサメの背びれが急に水面に浮かび上がってくるのではないかと時々思う。

というのも初めてサメに恐怖心を抱いたのは、映画ジョーズを見てからだ。

映画ジョーズでは、ホオジロザメが次々に人々を食べていく、 そして最終的には勇敢な人々によって駆逐されるというストーリーだ。

あの独特のテーマソングも、映画ジョーズを見た人であればきっと印象深いだろう。

しかしサメというのは必ずしもあのようなホオジロザメのように凶暴なわけではない。

例えばニシオンデンザメ

ニシオンデンザメは体長6 mを超えることもあるものの、ホオジロザメとは異なり泳ぎが遅く凶暴でもない。

平均寿命が少なくとも272歳であるとも言われており、 過去には約400歳のサメが見つかったという情報もある。

泳ぎが遅いニシオンデンザメは、400年もの間一体なにをして過ごしていたのか、想像しただけでも気が遠くなる。

芸能人の浮気はそれぞれ

不倫した芸能人は数多くいる。

引退に追い込まれた芸能人、活動自粛した芸能人、圧力により一切報道されることなく活動を続けている芸能人など。

事務所が強ければ報道されずに、活動を平然と続けているようだ。

主婦層に人気のテレビは、不倫スキャンダルはご法度だろう。

不倫というだけで、毛嫌いする人も多い。

不倫報道が出たらイメージダウンは避けられないだろう。

最近では週刊誌だけでなく、SNS時代なので不倫現場を目撃されSNSで流されることもあるかもしれない。
不倫する芸能人はそれなりの覚悟が必要だ。

芸能人は不倫をしても復活する人もいるが、一般社会では不倫でクビになる人もいる。

家族があるのに不倫するのは、それなりのリスクもあるのだ。

もし配偶者に不倫疑惑があれば、浮気調査をした方がいい。

まずは日記をつけておき、探偵に依頼するときには持参する。

それだけで成功率はグンとアップする。

浮気調査に関してはこちらのサイトを読んでおくといい。

浮気調査のノウハウ

おしゃれ集団

ゴンゴ人のおしゃれ集団サプールって知っているだろうか。

少し前になるが、有名なネイバーまとめに書かれていた。

たしかファッション関係のまとめを見ていた時に見つけた記事だ。

海外のテレビ局がゴンゴファッションの取材をしているらしい。

それほど人気があるということだろう。

もちろんサプールは取材に応じている。

サプールは基本的に暑くてもスーツだ。

そしてど派手なカラーが目を引く。

ピンクや青、黄色に黄緑など派手なカラーであればなんでもOKかもしれない。

ただたまに黒スーツもいる。

ちなみにピンクのスーツは、あのポールスミスも参考にしたというのだから驚きだ。

また眼鏡やたばこもおしゃれアイテムの一つにしているようだ。

サプールの影響からか、子供もど派手なスーツを着ておしゃれを楽しんでいるそうだ。

ちなみに収入が低くても、給料の半分以上はファッションにつぎ込むらしい。

それほどおしゃれに関心があるということだろう。

参考にしたネイバーまとめはこちら。
コンゴのお洒落さん「サプール」

不倫問題

どこからが不倫なのか悩む人も多いだろう。

やはり配偶者が不快に感じたり、不倫と思ったらアウトだろう。

法律的には不貞行為があれば不倫だ。

結婚前から仲がいい異性友達と食事に行く場合、不倫となるのかそれともならないのか。

配偶者が快諾しているならたとえ2人きりでも不倫ではないだろう。

実際に男女の友情というのは成立すると思っている。

もちろん個人的な意見だが。

なので何もない場合もある。

しかし、もしかしたら不倫関係に発展することもあるのだ。

やはり男女なのでお酒の勢いなどもある。

不倫の心配をするのが嫌であれば、異性の友達と会う時は一緒に行くまたは付き合いをやめてもらうことになるだろう。

異性の友人だけでなく、不倫する相手はいくらでもいる。

全て心配していたらきりがない。

不倫疑惑をはっきりさせたいなら探偵を使うのもありだろう。

自分で尾行するとなるとバレることもあるので、やはり専門家に任せるのが一番だ。

札幌市の浮気調査探偵

任意整理について考える

任意整理で借金が減る!メリットがたくさん!と思っている人もいるかもしれないが、実はメリットだけではなくデメリットもある。

そもそも任意整理では大幅な借金の減額はない。

借金の減額を期待するのであれば個人再生か自己破産の方が良い。

しかも和解しないと成り立たないので、成立しないケースもあるらしい。

その場合には他の債務整理を考えなくてはいけない。

ただデメリットだけでなくメリットもある。

任意整理は周囲に知られることなくできるので、借金を隠している人にとってはありがたい。

それから催促が止まるので精神的負担が軽くなる。

催促されるだけでも精神的に疲れるので、その電話が止まるだけでも十分メリットだ。

また財産は維持することができるのもメリットだ。

家や車を残したまま借金の整理ができるというのはありがたい。

このようにデメリットもあればメリットもあるので、胃しっかり考えたうえで任意整理した方がいいだろう。

任意整理のメリット・デメリット

自己破産のこと知らず

結婚してまだ半年しか経っていない妹の義両親が自己破産するようだ。

事業が上手くいかず返済することができないとか。

妹が結婚するときにはすでに事業はうまくいっていなかったはず。

それなのにそのような話は一切されていないし、妹は自己破産のことを直接聞いたわけではないようだ。

所詮嫁なので知らされなかったのだろう。

そんな義両親の対応にうちの両親も怒っている。

自己破産が悪いというわけではなく、なぜ結婚前に教えてくれなかったのかということだ。

いまさら離婚するわけにはいかないので、今後も付き合いを続けていくようだが、そんな家族信用できない。

妹は精神的にショックを受けている。

妊娠中期の体なのにこんな話はつらいだろう。

お腹の赤ちゃんも祝福されて生まれたかっただろうに。

もし義両親が祝福しなかったとしても、うちらの家族は祝福する。

当然だ。妹がつらいつわりを経験しながら守ってきた大事な命。

無事に生まれてくることを祈っている。

自己破産の法的手続き

結婚調査は普通?

警察官と結婚するときには身辺調査が入ると聞いたことがある。

たしかに犯罪者が近くにいる人と結婚するわけにはいかないだろう。
一般人でも結婚調査をすることがあるのか。

結婚調査をすることももちろんある。

スマホが普及したことによりネットで手軽に出会えるようになった。

しかし、トラブルもそれだけ多くなったということだ。

ネットで出会った人と結婚しようと思っていたけど、実は妻子持ちだった。実は借金があった。などもある。

安心して結婚するために結婚調査をすることもあるのだ。

結婚後にギャンブル依存症だった!ということが発覚することもあります。

事前に結婚調査で分かっていれば結婚することもなかったかもしれません。

結婚した後にギャンブル依存症が発覚しても離婚するのは簡単ではありません。

しかし結婚前に分かっていれば結婚をやめればいいだけなので簡単です。

結婚前に調査するだけで離婚を未然に防ぐこともできるんですよ。

横浜の結婚調査におすすめの興信所

最悪なママ友

最近まで仲良くしていたママ友。

しかし不倫の話ばかりでうざいし、そもそも不倫反対派なので離れることにした。

このママ友の旦那は出張が多くて家にいないらしい。

なので連れ込み放題とのこと。

昔の矢口真里のようだ。

しかも子供が寝た後に不倫相手が家に来るらしいのでバレないらしいが。

それにしても勇気あるというか馬鹿というか。

不倫は寂しいからしているだけらしい。

1人だけではなく、3人ほどいるらしい。

毎日とっかえひっかえ楽しんでいるようだ。

近所の人に知れたら大変なことにならないのか。

というか旦那があまりにもかわいそうなので教えてあげようかと思う。

そしたら反省して不倫をやめるかもしれない。

ただ精神的な病気かもしれないので改善しないかも。

最悪離婚となったら責任を感じる。

子どもにとって離婚はマイナスなことが多いから。

深く考えると頭痛がしてくるので、考えないことにする。

距離を置いて関わらないようにしよう。

浮気調査の方法とおすすめ探偵事務所